ご支援下さい

私たち日本共産党は、国民の暮らしを守り、その声を生かす政治を作るために、日々活動しています。政党助成金も、企業・団体献金も一切受け取らず、数多くのボランティアと少しの専従勤務員が活動を担っています。
皆様からの温かいご支援・ご協力が、私たちの活動を支えています。本当にありがとうございます。引き続き、ご協力をお願いいたします。

イベントへのご参加

こちらのサイトでは、共産党が主催するイベント、もしくは賛同・協賛するイベント、参加者としてかかわっているイベントのご案内をいたします。積極的にご参加下さい。

ボランティア参加

日常活動でも、選挙運動でも、多くのボランティアに支えられています。潤沢な資金があるわけではありませんので、こうしたボランティアなしには党活動は成り立ちません。
お申し出をいただければ、こちらで連絡先をお預かりし、必要なときに、随時お願いいたします。

しんぶん「赤旗」ご購読

私たちは、「赤旗」(あかはた)という新聞を発行しています。マスメディアへの権力の監視・懐柔が強まる中で、誰にも遠慮せず国民の視点から報道できる新聞として、皆様にお勧めしています。
電力会社からも、大手自動車会社からも、大銀行からも広告料を頂かず、中小の企業の広告と皆様からの購読料によって支えられています。だからこそ、セブンイレブンやしゃぶしゃぶ温野菜、アリさんマークの引越社など、ブラック企業を実名を挙げて告発し、原子力発電の事故処理の問題を検証し、豊洲市場の危険性を当初から指摘するなど、他紙にはない記事を載せることができます。
毎日発行の「日刊紙」は月3497円、毎週発行の「日曜版」は月823円。ご連絡いただければ見本誌をお届けします。どうぞご購読下さい。

カンパをお願いします

政党助成金は、全国民から250円ずつの負担を、支持しない政党活動にまわすもので、思想・信条の自由を定めた憲法の理念に反する制度です。議員としての経費は、歳費や報酬、政務活動費や立法事務費などとして支払われており、それとは別に「何にでも使える」お金を、特定の政党に分配することは許されないと私たちは考えています。
また、企業・団体からの献金は、主権者(個人としての国民)とは別の経済主体からお金を貰うことで、その団体の意を汲むことにつながり、実際に不正の温床となっています。
私たちは、国民一人ひとりに支えていただいている政党です。だからこそ、掛け値なしに国民のための政治を貫くことができます。
政治活動をしておりますと、どうしても一定のお金がかかります。どうか私たちの活動を経済的にも支えて下さい。無理のない範囲でのご協力をお願いいたします。

党活動にご参加下さい

政治を通じて社会を変えたいと願っている皆さんには、私たち日本共産党の「党員」として一緒に活動していただくことをお願いしています。
18歳以上の日本国民で、日本共産党の綱領と規約を認める人は、党員となることができます。
党に入りますと、職場・地域・学園ごとに置かれた「支部」という最小の単位に所属し、活動することになります。党員は原則として次の4つを守ります。(1)しんぶん赤旗を読む、(2)支部の会議に参加する、(3)学習に努め、活動に参加する、(4)党費(実収入の1%)を納める。
上記の条件を満たしていれば、どのような社会的地位にある方でも(反社会的活動を行う等でない限り)、党員となって、各自の条件に応じた活動をしていただけます。実際に、多くの勤労者、経営者、学生、主婦、年金生活者の方が党員として活動しています。
興味を持たれた方には詳しいお話をさせていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)