主張・雑感」カテゴリーアーカイブ

VIP埼玉主催 シンポジウム&デモ

シンポジウム「戦争法案と自衛官のリアル」&平和願う大宮デモ

 7月19日、VIP埼玉の主催したシンポジウムとデモが大宮で開かれ、多くの人で賑わう大宮駅前に、300人を超えるデモ参加者の声が響き渡りました。VIP埼玉は、県内の高校生・学生を中心に結成された団体。今回が初めての企画で、今後も憲法と平和のための活動を続けていきます。

○国民を守るつもりで軍隊に入ったが
 デモに先立って行われたシンポジウムでは、「戦争法案と自衛官のリアル」と題して、元埼玉弁護士会会長の柳重雄さんと元自衛官の片爪英隆さんが登壇。それぞれの立場と経験から、戦争と自衛隊について具体性のあるお話をしてくださいました。今は千葉県で農業に従事しているという片爪さんは、なぜ自衛隊を辞めたのかとの質問に対し、「国民を守るつもりで自衛隊に入ったが、実質はほぼ軍隊。軍隊が守るのは国民ではなく国体。国体とは何かを突き詰めて考えると、それは会ったこともない政治家のエゴでしかない。それに命は賭けられなかった」と答えてくれました。国境警備の仕事に就いていたという片爪さんは、一回の飛行訓練でドラム缶10本分もの燃料を消費することにも疑問を感じ、それも自衛隊を辞める大きな理由になったと話してくれました。
 弁護士の柳さんは、もし戦争法案が成立してしまった場合、違憲だと訴えることはできるかとの質問に、「憲法裁判所が設置されている国もあるが、日本の場合は個別に事例が起こって初めて訴訟を起こすことができる」仕組みであるため、法律自体を訴えることはできないが、この法案が成立した場合「国民の税金を軍事費に投入することになるので、憲法が保証する平和的生存権を侵害している」として訴訟に持ち込むことは不可能ではない、と答えてくれました。
 さらに、法案成立後に予想される政権の動きについて、「実際に戦争をするには、戦死者を受け入れる社会構造に作り変える必要がある。それは教育の分野などで既に始められている。さらに、戦争は金がかかるため、社会保障費を削って軍事費に回すしかない。財政再建が憲法に書き込まれたときには気を付けた方がいい」と話してくれました。

○信頼こそ抑止力
 今後、日本は国際社会にどう関わっていくべきか、という質問に対し、片爪さんは「アフガン戦争後の部族対立を解消する際、アメリカもロシアも重火器の武装解除ができなかった。しかし日本の交渉団にそれができたのは、日本に対する信頼があったから。信頼こそがもっとも大きな抑止力になる」と答えると、会場からは大きな拍手が起こりました。

150719_oomiya_demo
大宮駅前でのデモの様子.

荒川の橋と風景(15) 秩父橋

150701_秩父橋01
秩父橋下から見た旧秩父橋(橋上公園橋)と初代秩父橋の橋脚

150701_秩父橋02
旧秩父橋(橋上公園)から見た現在の秩父橋

 秩父市内の荒川に、国道299号が通る1985年竣工の斜張橋の秩父橋(3代目)がある。
 川の流れの中に、1885年竣工の初代橋の橋脚があり、橋脚遺構となっている。そして、1930年竣工の2代目の橋は、いま、橋上公園となっていて、3代の橋が重なる風景。

(芝地域後援会ニュースより).

若者憲法集会に参加しました

 全国各地で戦争法案に反対する集会が開かれた6月14日、都内で行われた「若者憲法集会」に参加してきました。午前中が各分野に別れての分科会、午後が元自衛隊員と弁護士を迎えてのトークとデモが行われました。

○沖縄で今起こっていること
 興味深かったのは、午前中に参加した沖縄の新基地問題に関する分科会での、沖縄県民の訴え。県議の比嘉みずきさんは、辺野古新基地建設をめぐって保革共闘が生まれるに至った経緯を話しました。石破幹事長に説得され、新基地建設容認にまわった自民県議5人が石破幹事長の横に座らされた写真を見て、「私があそこに座らされているようで打ちひしがれる思いがした」と、話していた自民党員もいたといいます。ずっと自民党支持者だった人々も、経済援助と基地建設という「アメとムチ」が実は「麻薬とムチ」であることに気付き始めた。そういうなかで起こった翁長県知事の誕生だったといいます。先日の訪米では、「辺野古は日本の国内問題だ」と言っていたアメリカの官僚たちも、基地建設反対集会に3万人が集まっている写真を見ると態度を変えざるを得なかったそうです。
  現在28歳になる島袋恵祐さんは、一緒に自衛隊に入隊した双子の兄が、訓練中に事故で死亡。しかし、兄の身体中に暴行の跡があり、死因も事故のようには見えない。自衛隊に資料開示を求めると、資料は一面黒く塗りつぶされていた。「国家権力が最終的には国民を守らないことを目の当たりにした」と話します。今は新基地建設反対のゲート前座り込み運動に仲間と参加しています。ゲート前でも、日本政府の理不尽なやり方に接することが多いといいますが、それでも集まった人たちのエネルギーは止められない。「基地建設は止められる。全国の皆さんと連帯して頑張りたい」と話します。
 日本とアメリカの二つの国家権力からの暴力に晒されている沖縄の実情と、その暴力に屈することなく、自分たちの暮らしと権利を勝ち取ろうとする沖縄県民のエネルギーに触れることのできるトークでした。

○デモには3500人が参加
 集会には、全国から1200人が参加。その後、渋谷に移動してのデモには3500人が参加。ドラム隊やサウンドカーとともに「戦争法案絶対反対」「憲法守れ」と訴えると、街頭から写真を撮る人など、熱い反応がありました。.