新川口No.1566(2020年7月5日号)

日本共産党川口市議団発行の新川口No.1566です。

・コロナ禍の今こそ、平和を考える夏に
 被爆 ・ 戦後75年、 核不拡散条約(NPT)50年を向えて

・後期高齢者の保険料決定通知にマイナンバーカードの申請書を同封

・第2回川口こまりごと相談会・7月の無料法律相談のご案内

・知っ得情報
 新規開業の方・フリーランスに朗報 持続化給付金の対象拡大!

↓↓↓こちらからPDFをダウンロードできます。

新川口No.1565(2020年6月28日号)

日本共産党川口市議団発行の新川口No.1565です。

・川口市水道料金改定延期について
・川口市や埼玉県の中小・小規模事業者支援制度について
・7月の無料法律相談の案内
・知っ得情報 生活保護についてQ&A

↓↓↓こちらからPDFをダウンロードできます。

若者応援! 埼玉フードパントリープロジェクトのご案内

お米、レトルト食品、お菓子、マスクなどを無料で配布します。

日時:6月28日(日) 14時~16時
場所:大宮駅東口

” こんにちは。民青同盟埼玉県委員会です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、今経済的に困窮している青年・学生が急増しています。「アルバイトが休業になり食費を切り詰めている」「収入が減少し生活費が心配」と待ったなしの状況です。

そんな中、各地で困っている青年・学生に食品・日用品を配布する取り組みが開始されて
います。東京都では、民青の都委員会が高田馬場駅で「ストリートフードバンク」に取り組みました。当日は、40人以上の青年・学生が立ち寄り、「お米がもらえて助かる」「栄養が偏っていたから野菜ジュースがありがたい」と取り組みは大変好評でした。

民青埼玉県委員会が実施した「新型コロナウイルス青年実態調査J には、県内から「収入
がゼ口になり経済的に厳しい」「今日明日食べていくものもない」という切実な声が寄せられました。今まさに困窮している青年・学生の力になりたい。そこで埼玉県でも6月28日
(日)大宮駅東口で第1 回「若者応援!埼玉フードパントリープロジェクト」を開催します。駅を利用する青年,学生に食品・日用品などを無料で配布しながら、切実な実態やねがいを聞き取り、解決をめざしてつながっていきます。“

しかし、より多くの食品、日用品を準備するには資金が必要です。そこで、カンパによる
ご支援をお願いしたいと考えております。1 人でも多くの困っている青年・学生に物資を届
けるためにも、ぜひ皆さんのお力をお貸し下さい。ご送金は下記の口座から、または、お近くの地区委員会にお寄せ下さい。

なお現物でのご支援はご遠慮下さい。

《お振り込みは下記へお願いします》
●みずほ銀行の場合
民青同盟埼玉県委員会
浦和支店(支店番号:541)
【普通預金」口座番号:2208361
●ゆうちょ銀行の場合
日本民主青年同盟埼玉県委員会
委員長佐藤一馬
店名:〇三ハ(ゼロサンハチ)店番:038
【普通預金」口座番号:9446433
※払込用紙のご利用ができません

【お問い合わせ】
若者応援埼玉フードパントリープロジェクト
     (主催:民青同盟埼玉県委員会)
担当連絡先:080-6594-4320(小沢)
      090-6048-0230(佐藤)

2020年6月 川口市議会一般質問(板橋博美議員)  

日本共産党川口市議団・板橋博美議員が、川口市議会6月定例会で一般質問にたちました。
↓↓↓↓その時の映像をこちらからご覧になれます。(URL先の再生ボタンを押すと映像が始まります)

川口市議会議会中継(令和2年6月定例会 06月10日 一般質問)

1 医療崩壊を防ぐ医療体制の整備と医療機関への支援を
2 市内事業者への経済支援策について
3 市民のいのちとくらしを守る地方自治体の施策について
4 子どもたちの学び・安全を保障するために
5 子どもの豊かな成長・発達のために
6 福祉施設と労働者・利用者と家族のいのちと健康、くらしを守るために

↓↓↓質問内容の詳細はこちらからご確認ください。

新川口No.1563(2020年6月14日号)

日本共産党川口市議団発行の新川口No.1563をアップしました。

・就学援助世帯の家庭の負担軽減策を実施へ
  学校休業中の給食費を家庭に支援
・感染症対応協力医療機関への支援パッケージ実施へ
 【入院体制の整備】【外来体制の整備】
 【協力医療機関が感染し、休業した場合の経営への影響緩和】
・知っ得情報
 新型コロナの影響で収入減の方は減免の申請を
 教育にかかわる内容についてのご相談先案内 

↓↓↓こちらからダウンロードできます。