主張・雑感」カテゴリーアーカイブ

2.3いのち・くらし・憲法9条埼玉大集会

 「イスラム国」による後藤健二さん殺害の悲報を聞いた直後の集会で、重い気持ちを引きずって参加しました。開演前の歌声のハーモニーでいくらか気も晴れ、主催者代表の元弁護士会会長と現弁護士会会長の挨拶で、正義と基本的人権を守る立場で弁護士会を説得した強い決意に心打たれました。続いて愛らしい二人姉妹が津軽三味線を演奏し、心和みました。
 さてメインの小森陽一氏の講演は、語りが素早く内容理解に緊張しました。導入は、やはり後藤さんの事でした。安倍首相がエジプト訪問で「イスラム国の脅威を食い止める支援金2億ドル」の発言、さらにイスラエルでのネタニアフとの会談が、「イスラム国」を刺激した事。日本が遂に欧米と同じ敵対する国になったと、受け取られた事。安倍首相の「積極的平和主義」は、米国の戦略を補完する日本の軍事提供を拡大し、憲法9条を遵守する平和国家日本のイメージが崩れ、中東での親日感情を失うことでもありました。
 「安保保障法制」の閣議決定の話になり、「集団的自衛権」を可能にする切れ目のない安全保障制度とうたわれているそうです。今までの内閣の下でさえ「集団的自衛権」は認めてこなかったが、安倍政権の新しい解釈(新三要件)では、①我が国に対する武力攻撃のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した時。②危険を排除するのに、ほかに適当な手段がない時。③必要最小限度の実力を行使することは憲法上許容される。というものだと、実際の閣議決定文章を見ながら説明されました。これが憲法に反さないなどとは、とても言えない。
 次に日米ガイドラインの説明になった。ここでも「切れ目のない」と言う言葉が多用されている。「切れ目のない日米同盟」だそうだ。日米政府はいかなる段階においても切れ目のない処置をとる。①情報収集・偵察 ②防空及びミサイル防衛これらに限定されないあらゆる措置をとる。何でも有りのようです。グローバルな平和安全の日米協力でも、①平和維持活動 ②海洋安全保障 ③能力構築。これ以外も何でもありだそうです。
 小森さんにこれらの文章を見せられて、空恐ろしくなってしまいました。国会で首相や防衛大臣が説明するのは、まったくの空言で、本当はこれほど恐ろしい日米軍事協力であると知らされました。
 これらを多くの国民に伝えていきましょうということでした。【福谷 隆雄】

(「国民救援会川口支部だより」2月号より).

建設労働者後援会が市内7ヶ所で「必勝のつどい」

150305_建設労働者つどい

 2月27日、南部地区委員会にて、村岡まさつぐ県議と松本さちえ市議を迎え中央地域の建設労働者後援会のつどいが開かれました。
 松本市議は、「自民党と公明党は、地方創生法としてまた商品券の配布などをやろうとしているが、そのような一過性のものではなくて、住宅リフォーム助成など、地域経済の活性化に結びつくものを、しっかり政策として打ち出していきたい。火葬場、市立高校、市庁舎建設などは総額で400億円ほどになるが、それらは大規模なために地元業者には発注されない。今後、どうやって地元業者優先で工事を請け負う体制をつくっていけるかが課題です」と訴えました。
 村岡県議は、「国会では、共産党の質問を通して安倍政権の危険な本質が次々と明らかになっている。これにブレーキをかけられるのは共産党しかない。また、今回の選挙は市議選も県議選もかつてない激戦。反共攻撃もある。みなさんにもおおいに共産党を語っていただき、支持を広めてほしい」と訴えました。
 参加者は、「対面・対話を中心に、電話かけ、チラシ配りなどに取り組む。地方選挙は地縁・血縁が強く影響するが、それだけじゃないつながりを生かし、建設労働者の要求をしっかり訴えていきたい」と語り決意をかため合いました。.

日本共産党演説会に500人を超す参加

「共産党と国民運動の連帯で、安倍政権を追い詰めよう!」

150224_221演説会_候補者集合

 2月21日(土)、リリア音楽ホールにて日本共産党演説会が行われました。村岡まさつぐ県議と7人の市議候補者の挨拶のほか、応援演説と、大門みきし参院議員が訴えました。
 タクシー運転手の稲毛成育さんは「反原発の運動で議会に請願を出そうとしたときに、紹介議員になってくれたのは共産党だけだった。市民目線の共産党の議員にはぜひがんばってほしい」と訴えました。また、産婦人科医の芳賀厚子さんは「『社会的包摂』という言葉がある。子どもたちが将来に不安を抱くことなく育つことができる社会の実現を」と訴えました。
 平川、井上、金子、矢野、今井、松本、板橋の7名の市議候補からの訴えのあと、村岡まさつぐ県議は、「県民のいのちを守るという一心で、県内どこへでも駆けつけてきた。これからも、生きることを支える政治の実現に全力をあげる」と訴えました。
 大門みきし参院議員は、いっせい選挙に絡む国政の状況を話しました。「安倍内閣は、戦後70年の間でもっとも危険な内閣。今の内閣は、社会保障を解体し、全て国民の自己責任に帰させようとしている。一方、原発を海外に売り込みたい企業と手を組み、国内の原発の再稼働も進めようとしている。しかし、共産党と国民運動の連帯でその暴走を押しとどめているのが今の状況。国会では、4月に集団的自衛権の法整備に関する義論が始まる。そういう中で行われるのが今回の地方選挙。共産党の躍進に向けて、ともに頑張っていきましょう。」と訴えると、会場は大きな拍手に包まれました。

村岡まさつぐ県議と市議7名全員当選を

 埼玉県議会議員選挙は、4月3日告示、12日投票で行われます。川口市(南第2区・定数7)では、11人が立候補を予定する大激戦となります。消費税増税をすすめる自民、公明、民主の3党の関係者が8人です。増税推進者への審判を下しましょう。キッパリと対決してきた日本共産党の村岡まさつぐ県議の再選を何としても実現し増税にストップをかけましょう。
 川口市議会議員選挙(4月19日告示、26日投票で定数42)には、2月23日に行われた立候補説明会に59人が参加するなど、多数激戦が予想されています。日本共産党は、市議選に現有6議席に1名増の7議席確保に挑戦します。
 安倍政権の暴走政治に対決し、国民のくらしを守る政治の実現に全力をつくします。地方から暴走政治に審判を下す絶好の機会です。
 政治の流れを変えるために、みなさんと力をあわせてがんばる日本共産党にご支援をお願いいたします。.

新春・私の一言発言

 戦中戦後の厳しく苦しい時代を生き抜き、93歳の誕生日を迎えることができました。振り返ると、夢のようです。今は、仲間のみなさんと、平和への活動に参加できることを感謝しています。
 中青木 伊藤寿美枝

 「憲法9条」を守り生かし、そして、永遠に平和な日本を子や孫たちに伝えていきましょう。その為にも、一斉地方選挙、頑張ります。
 中青木 越川恵美子

 『家族でいれたよ』『本当に政治変えて』『ご祝儀に赤旗購読』12月15日会う人話した方々のふんいき。共産党冥利に尽きる一日でした。
 中青木 西方勲

 「温泉♨に入り気持ちよかったよ」101歳の母の初夢です。
 社会保障費削減・軍事費増大の政治にガツンといわせましょう。
 青木 辻森

 昨年末の共産党の躍進で嬉しい新年を迎えることができました。しかし、議席を維持した安倍政権は、一層暴走を続けています。日本共産党が、今度の県議・市議選も、全員の当選で躍進の流れを確かなものにすることを願っています。
 幸町 永瀬登

(中青木・青木・幸町地域後援会ニュースより).