カテゴリー別アーカイブ: 主張・雑感

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現を呼びかけます

日本共産党は、会見で「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけまし­た。よびかけの全文は下記の中央委員会のページからご覧ください。

日本共産党ホームページのURL
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2015/09/20150919-yobikake.html.

「みんななかまバスの改善を」「ボール遊びできる広場を」

実現求め、新婦人が市に要望

150824_新婦人申し入れ
川口市に要望する新婦人のみなさん。
手前は、市役所の職員。

 8月24日、新婦人芝塚班などのみなさんが、「みんななかまバスの運行改善・充実を」「子どもたちがボール遊びできる広場を」「公園に市管理のトイレ設置を」「ゴリラ公園に中高年用の施設を」「石けんなどは親負担でなく、学校に常備を」など求めて、話し合いました。
 参加者は、話し合いで、高齢者をはじめ、子育て中のママさんなど、地域の多くの女性などから寄せられている要望を伝え、その実現を求めました。

(芝地域後援会ニュースより).

2015年8月、暑い夏が

 2015年8月、暑い夏がやって来ました。空を見上げると、ふと、幼い頃の記憶が浮かびます。青空にキラキラと陽の光を反射しながら飛ぶ大きな飛行機、戦争中の日本の都市を焼き尽くし、広島・長崎に原爆を投下、何十万人の命を奪ったB29でした。
 そして今、ヒタヒタと聞こえてくる戦争の足音、日本中で『戦争立法反対』の声を上げる多くの人たちが結集しています。自分も一緒に声をと思いつつふと前を見ると、もう赤とんぼが飛んでいます。本当に暑い熱い夏です【K.T】

(横曽根地域後援会ニュースより).

国民の声無視の安倍政権 戦争法案を廃案に

 連日35度をこす猛暑の中、国会周辺は「戦争法案ハンタ~イ」「日本を戦争する国にするな」「戦争法案は今すぐ撤回を」のコールが鳴り響き、国会や官邸前を包囲する行動が繰り広げられています。
 私は15日、「衆議院安保法制特別委員会」の強行採決をテレビで見て、いてもたってもいられないとの思いから、今日こそは国会に行こうと、川口駅での宣伝を終え電車に乗りました。同じ宣伝に参加していた寺島萬里子先生も一緒です。先生がいかれるなら少し若い自分もいかないわけにはいかないと、西青木のNさんも参加しました。
 国会議事堂近くは、すでに多くの人たちが埋め尽くしていました。時間がたつにつれ人の波がどんどん増え、集会をしている場所まではなかなか近づけません。仕方なく途中通路に腰を下ろしてマイクから流れてくるスピーチを聞きました。
 この日の集会には国会から駆け付けた野党の党首が次々とスピーチをしました。志位委員長は「強行採決」は国民のたたかいに追い込まれたもの、若者、女性、年配の人、研究者が理性の声を上げている。たたかいはこれからだ。理性の声を総結集して必ず廃案に追い込もう」と訴え、「そうだ」と参加者の中から歓声が上がりました。特に印象に残ったのは若い人の参加やスピーチです。「おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さん・妹の世代が一緒に声を上げていることに希望を持ちたい。戦後100年間、戦争してこなかったと祝いの鐘をならしたい」のスピーチに心を打たれ私自身も希望と勇気をもらいました。
 戦争法案の審議の場は参院に移りますが、世論をさらに大きくし、必ず廃案においこみましょう。また8月9日投票日の県知事選挙では「戦争法案反対」の柴田さんの勝利のため頑張りたいと思います。

南町1丁目  星野 洋子

(横曽根地域後援会ニュースより).